AGA遺伝子検査

AGAになりやすい体質か
どうかを予測する検査

AGA遺伝子検査

aga dna

この検査をすることで、治療方法を決定したり、早期に治療を開始したりする目安になります。 AGAは、早期に治療を開始することで、進行を防ぎ、治療の効果も一層期待できるので、遺伝子検査で、リスクを予測することは、とても重要といえます。AGA遺伝子検査は、脱毛を起こす男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかを遺伝子により診断する検査です。 男性ホルモン(アンドロゲン)は毛根細胞の受容体によって受け取られます。アンドロゲン受容体遺伝子には特定の塩基配列が繰り返し存在する領域があり、 この領域が短い人では、AGAが発症しやすい傾向にあることがわかってきています。

AGA遺伝子検査で分かること

・遺伝子レベルでAGA発症リスクを予測
・プロペシアによる治療効果の予測

遺伝子検査結果の判定基準

CAGとGGCという塩基配列が繰り返される領域の長さで、 男性ホルモンに対する感受性を予測することができます。

point

塩基配列が短い場合:

男性ホルモン感受性が高く、AGA発症リスクが高いと考えられます。プロペシアによる早期治療開始が望まれます。

塩基配列が長い場合:

男性ホルモン感受性が低いため、AGA発症リスクは低いと考えられます。しかし発症する可能性は全くゼロではありません。 脱毛には様々な要因が考えられます。発症した場合は、プロペシア以外の薬剤との組み合わせや、HARG療法などによる治療の選択が望ましいと考えられます。

検査費用18,000円

※価格は税抜き価格となります。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ
院長ブログ
コラム