吉井クリニック

がんリスクスクリーニング検査(AICS)
アミノインデックス

「新しいアプローチでがんリスクをチェック!」

アミノインデックス(AICS)がんリスクスクリーニングとは

  • 血液を用いた、がんリスクスクリーニング検査です!
  • 1回の採血で、複数のがん種についてリスクを評価することができます!
  • 早期がんや幅広い組織型に対応した検査です!

血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、がんに罹患しているリスクを評価する新しい検査です。

健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされていますが、がん患者では、一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することが分かっています。
この性質を応用したのがAICSです。

AICSの特徴

1回の採血(約5mL)で、複数のがんを同時に検査することができます。
早期がんにも対応しています。

AICSの検査対象となるがん

男性では胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、すい臓がんの合計5種のがんに対するリスクがわかります。

女性では胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん、すい臓がんの合計6種のがんに対するに対するリスクがわかります(子宮がん・卵巣がんについて、対象となるのは子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんですが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません)。

検査項目 対象となるがん
男性AICS(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
女性AICS(6種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん

AICSの対象者

AICSRは下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。対象年齢以外の方のAICS値は評価対象外となります。妊娠されている場合、結果に影響がありますので検査は受けられません。

一部のがんについて対象年齢外となる方が受診された場合でも検査結果は報告されますが、対象年齢外となるがんについてのAICS値やランク判定の結果については評価対象外となります。

検査項目 対象となるがん 対象年齢
男性AICS(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん 25歳〜90歳
前立腺がん 40歳〜90歳
女性AICS(6種) 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん 25歳〜90歳
子宮がん・卵巣がん 20歳〜80歳

AICS®の結果に影響を与える可能性がある病気について

現在下記の病気にかかっている方は、AICS値に影響を与える可能性がありますが、検査の対象外とするものではありません。

AICSRを受診することによって、がんを発見できる機会となると同時に、下記の病気による影響で、がんではないのにAICS値が高くなりうることをご理解いただいた上で、ご受診ください。

現在までに各種AICS®の結果に影響を与える可能性が分かっている病気
・AICS(肺):慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、非結核性抗酸菌症、肺結核、肺気腫、無気肺
・AICS(前立腺):前立腺肥大、糖尿病
・AICS(子宮・卵巣):子宮筋腫、子宮内膜症、良性卵巣腫瘍
・複数のAICSR:脳梗塞

結果について

それぞれのがん種について、がんに罹患している確率を0.0〜10.0の数値(AICS値)で報告します。リスクの傾向は数値が高いほど、がんである確率が高くなります。また、AICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」に分類され、がんであるリスクの傾向が3段階で示されます。

ただし、AICSはがんであるかどうかを確定するものではありません。ランクAと判断された場合でも、がんでないとは言い切れませんし、反対に、ランクCと判断されても、がんであるとは言い切れません。検査にはそれぞれに長所と短所があり、補いあって使用されています。AICSは今までのがん検診とは異なる全く新しい角度からがんの可能性を見つけ出す方法で、他のがんの検査と併用することでがんを見つけ出せる可能性は高くなります。

結果ランク図

費用・実施日時

手技自体は採血のみですので診療時間での受付が可能ですが、採血後の処理のため前日までの予約が必要です。

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える可能性がありますので、検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診して下さい。

またアミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳、ジュースなども食事と同様にお控え下さい。

AICS費用

Q&A

Q.検査はどのように行われるのですか?
特別な検査の必要はありません。少量の血液(5mL程度)で検査をすることができます。
1回の採血で、男性AICSRは5種類、女性AICSRは6種類のがんを対象としたリスクについて、同時に検査を行います。

Q.検査の結果はどのくらいで報告されるのですか?
検査を受診されてから、約2週間後以降に結果を報告いたします。 
※ご施設での検査結果の報告の仕方について記載してください。

Q. AICSRを受診すれば、他のがんに対する検査は受けなくても大丈夫ですか?
AICSRは今までのがん検診とは異なり、血液中のアミノ酸濃度からがんのリスクを評価する検査です。他のがんに対する検査と併用することで、がんを見つけ出せる可能性が高くなると考えられます。

Q.AICSRは1度検査をすれば良いのですか?
AICSRは採血を行った時の、がんであるリスクを評価する検査です。生涯に渡ってのリスクを予測するものではありませんので、定期的な検査をお勧めします。

Q.がんであるリスクとは、どのようなことですか?
リスクとは、確率、可能性、危険性などと呼ばれているもので、がんであるか否かをはっきりと判断するものではありません。

Q.検査の結果が「ランクC」となったら、がんなのですか?
AICSRは、がんであるリスクを評価するスクリーニング検査のため、「ランクC」となっても、がんである可能性(リスク)が高いということであって、必ずがんであるという事ではありません。また、「ランクA」となっても、必ずがんではないとは言いきれません。
検査の結果により、がん種別の精密検査を受診するかは、医師とご相談ください。

お電話もしくは直接受付にて前日までにご予約をお願いいたします。