吉井クリニック

乳癌検診

吉井クリニックでは、乳癌検診に超音波検査を導入し、乳癌の早期発見に努めています。

超音波検査では、高周波探触子を用い、全乳房を検索します。 乳癌検診における超音波検査に熟練し、早期乳癌を数多く発見してきた専門の女医による検査ですから、恥ずかしがらず安心して受診していただけます。

乳癌(がん)

わが国の乳癌は、加速度的に増加の一途をただっており、死亡率も増加しています。

全罹患者数では、女性では胃癌、大腸癌についで第3位で、最近の特徴としては50歳以降の乳癌が増加していることがあげられます。2015年までに乳癌罹患数は1.59倍増加し、胃癌と入れ替わって第1位になることが推定され、今後乳癌の予防はますます大切です。

しかし乳癌は、体表から触れることのできる癌であり、自分でさわって発見できる癌でもあるのです。

早く見つければ、100%治ることも少なくありません。

乳癌の早期発見のために年に一度の乳癌検診と、月一回の自己検診を心がけましょう。

特に次のような条件にあてはまる人は、乳癌になりやすいと言われています。

乳癌検診を積極的に受けましょう。

乳癌の高危険群

  1. 40歳以上(50〜54歳がピーク)
  2. 未婚(30歳以上) 
  3. 初産年齢30歳以上 
  4. 閉経年齢55歳以上
  5. 肥満:標準体重の20%以上
  6. 良性乳腺疾患の既往  
  7. 乳癌の既往
  8. 乳癌の家族歴

乳癌検診

年に1度は乳癌検診を受けましょう。 近年、乳癌の画像診断が急速に発達してきています。

乳癌検診では視触診に加えて、画像診断を導入することで、1cm以下の微小乳癌、触知出来ない乳癌を発見することが出来ます。そういう段階で発見された乳癌は、根治が可能ですし、最小限の手術で治療することも可能です。

乳癌自己検診はこちらへ